リフォーム オフィス改装工事

概要
住  所:千葉県 市原市
延床面積:80㎡(24坪)※施工部のみ
構  造:重量鉄骨造 2階建て

一年前、本社オフィスの改装工事をまかせていただいた企業様から、今回は千葉の営業所の改装工事のご依頼でした。

本物件は築20年くらいの鉄骨造2階建て。 1階部分がエントランスと作業スペース、2階部分が事務所と応接室という構成で、リフォーム内容としては2階部分の全面的な改装と1階エントランスから2階へアプローチする為の階段ホールの改装でした。

・本社と同じ様な雰囲気を出してほしい。
・現在、夏は暑く冬は寒いといった状況なので快適な環境にしてほしい。
・収納力を上げてほしい。
・階段ホールを昼夜共に明るい空間にしてほしい。
以上がメインとなるご希望内容。

工事期間と予算の面から、サッシの変更など外部に関わる工事は行わず、既存の間仕切りなどもできるだけ利用しながらの設計施工でした。 基本的な使用材料と色合いは本社と同一としましたが、床の仕上材料、受付やミーティングスペースに使用する材料を変えることでコスト削減と「営業所の色」を出しました。
断熱効果を上げるため、サッシを二重サッシとし、外壁まわりの壁には断熱材の裏打ちされたプラスターボードを重ね貼り。採光は十分過ぎるほどだったため西日の当るサッシ部分を書類棚で塞ぎ、断熱効果を上げると同時に収納力も向上させました。
階段ホールはミーティングスペースと隣り合っていたので、思い切って仕切りの壁を撤去。 大型ガラススクリーンを設けることで透明感がありながらも迫力のある空間になったと思います。そして隣からの視線を気にして常にブラインドを下ろしていた窓には木製のルーバーを取り付けることで視線を遮りながらも常に柔らかい光が差し込み、なおかつサッシの存在も消し不思議な透明感を演出しました。

前回の本社改装工事の際に、社内社外ともに大変好評をいただいていた分、プレッシャーを感じながらの設計施工でした。

今回のリニューアルで視覚的にも満足していただいたのですが、なにより使いやすく快適な環境になったというお言葉をいただくことができ、ほっと胸をなでおろしました。


▲このページの先頭へ